秋の花粉症

最近、のどが痛いというひとがまわりに多いです。

 

 

高温多湿な夏真っ盛りの時期は過ぎたとはいえ、まだまだ乾燥真っ盛りでもない。

 

 

のどが痛くなるほど乾燥してるかなー、なんて思っていたらやはり乾燥のせいではなさそうです。

 

 

 

 

 

花粉。

 

 

 

 

 

花粉て春だけじゃないんです。

 

 

春は杉の花粉があまりにも有名なので、花粉=春 のイメージが強いですが、秋の花粉もあります。

 

 

秋の花粉はブタクサやヨモギ、イネなどけっこいろんな花粉が飛んでいます。

 

 

杉花粉ほど強烈なアレルギーは少ないようですが、症状がデルひとは少なくないです。

 

 

のどが痛い、のどに詰まったような咳がでる、目がかゆい、などの症状は花粉によることが多いです。

 

 

風邪と勘違いしてるひとも多いんじゃないかな。

 

 

 

 

 

日本では2人に1人が花粉症と言われています。

 

 

もはや国民病とも言えます。

 

 

その中で秋に花粉症の症状がでるひとは2割だそうです。

 

 

意外と多いですね。

 

 

 

 

 

秋の花粉症は乾燥シーズンの始まりの時期とも重なるため、風邪と判断がつきかねることもあります。

 

 

花粉症だったら早めに手を打ったら軽く済むこともあります。

 

 

風邪にしてはどうもおかしいと思ったら、花粉症を疑ってみるものいいかもしれません。

 

 

熱がなく、食欲もあるのに鼻水が出て目がかゆいという症状がしばらく続く場合は花粉症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻をかんだり、目をこすったりという行為は肌に負担がかかります。

 

 

花粉は粘膜につくと症状が強く出ますが、皮膚につくだけでもアレルギーを起こす場合もあります。

 

 

肌についた花粉は丁寧な洗顔で落とすこと。

 

 

いつもより念入りに洗顔を行うようにします。

 

 

うがいや鼻のうがいも効果的。

 

 

私も帰ったら即洗顔します。

 

 

そして保湿もしっかりと。

 

 

肌の元気のためにはとにかくどんなときも保湿がいちばんです。

 

 

保湿さえしとけばたいがいの肌トラブルはおさまります。

 

 

ネットで丁寧に泡だてて、小鼻の横など丁寧に洗います。

 

 

すすぎはぬるま湯で。

 

 

 

 

 

快適に過ごすことができないと気分も落ち込みます。

 

 

気分が落ち込んでは肌もきれいに見えません。

 

 

花粉症を疑うひとは医療機関で相談すべし。

 

 

自分でケアできる軽い症状のひとは洗顔を丁寧に。

 

 

何度も洗顔するとかえって肌に負担なので、一顔の洗顔を丁寧にします。

 

 

せっかく気候的に過ごしやすい季節です。

 

 

快適に過ごしたいですね。