10月の紫外線量

10月にはいって本当に涼しくなりました。
朝晩は寒いと思うほどに気温が下がりましたね。
夏モードは一掃、秋感満載です。
夏の強い紫外線は去ったのかというとそういうわけではありません。
一年のうちで一番紫外線が多いのは夏至の日です。
6月頃ですね。
夏至の日からはだいぶ日がたっていますが、まだまだ9月10月は紫外線の量は多い時期です。
あきらかに日焼けとわかるような真っ黒な日焼けをすることはありませんが、目に見えない日焼けはしています。
紫外線が少ないからと思い込んで、紫外線対策の手を抜いたりしていませんか?
日焼け止めは一年中知油するのが理想ですが、夏の暑いあいだだけ、というひともいます。
冬はSPFの値が低いものでもいいですが、秋頃はまだ夏と同じような日焼け止めを使いましょう。

 

また紫外線は10時から2時ころが最も強く降り注ぎますので、その時間帯に外出をする際は目を保護するためのサングラスや首を保護するためのスカーフを使用しましょう。
帽子は必須です。
秋っぽいかわいらしい帽子もたくさん出ていますので、おしゃれを楽しみながら日焼け対策を♪
秋のストールやスカーフは防寒にもなりおしゃれですし、一石三鳥です。

 

サングラスもあなどれません。
目から紫外線を浴びると、脳が「紫外線が多い!皮膚を守らなきゃ!」と指令を出します。
その結果メラニンが余計に分泌されてしまうのです。
目から紫外線を吸収しないこと、大切ですよ。

 

秋雨といってこの時期は雨が多い時期でもあります。
秋の雨はしとしとと長くて冷たいですね。
その雨が上がってきれいな秋晴れとなるとついつい解放的な気分になりますが、こういうときほど紫外線対策が必要です。
雨が降った後の晴天は紫外線の量が多いんです。
雨が空気中のちりやほこりを洗い流してしまうので、空気が浄化され紫外線を遮断するものが減ってしまうのでが紫外線はたっぷり地上に降り注ぐんです。
ですから雨が降った次の日の晴天は要注意!!

 

とは言え、秋の行楽シーズン、めいっぱい楽しみたいですよね。
乾燥にも紫外線にも気を配りつつ、元気に過ごして冬に備えましょう!