腸内環境をサポートする食品たち

う〜ん・・・。
生理前のせいでしょうか。
無駄な食欲が止まりません。
今日から3日間連休で仕事がないからずっと子どもと家にいる。
ということは・・・
食べてしまうのです〜〜〜(涙)。
仕事で外に出ていれば時間的にも空腹を紛らわすことができるんだけど、家にいると食べてばっかり。
しかも健康的な食事ではなくお菓子とかジャンキーなものばかり欲してしまう。
生理は終わったらこの無駄な食欲は消えるのだけれど。
食欲が消える前に明らかに脂肪を蓄えてしまう!!

 

今日もお昼の前に冷蔵庫のプリンを発見。
子どもと午前おやつ。
お昼ご飯はお腹いっぱい食べて子供の食べ残しも食べてから、ショッピングセンターに行き、子どもとドーナッツ。
そのあと菓子パン。
夕方は近所のお祭りをひやかしに行ったけど、かろうじて買い食いは踏みとどまった。
夕ご飯も目いっぱい食べるし。

 

そういう無駄な食欲に乗っ取られ、かだらが欲するままに非健康的な食生活をしていると、当然お通じも滞ってきます。
ただでさえ生理前で吹き出物ができやすい時期なのに、お通じが滞ると吹き出物が出ないわけがない。
これも生理が終わったら解決するんだけど、今イヤなものはイヤなんです!

 

せめて腸内環境をよくする食事を心がけたいと思います。
腸内環境をよくするためには腸内の善玉菌をいっぱい育成することです。
善玉菌をサポートする食べ物、それは食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖です。

 

まずはおなかのお掃除、食物繊維。
野菜、海藻、豆類、きのこ、こんにゃく、玄米にいっぱい含まれます。
野菜の中でも特に根菜類は食物繊維が豊富です。

 

それから乳酸菌。
私は毎朝ヨーグルトを食べますが、これも乳酸菌をお腹に入れるため。
私はヨーグルトにきなこをたっぷり入れて、きなこクリームみたいにして食べます。
イソフラボン効果も期待します。
乳酸菌は乳製品だけと思われがちですが、キムチや味噌、鰹節などの発酵食品に含まれます。
納豆とキムチを混ぜて一晩置いておくと、乳酸菌が増えてお腹にはすんごくいいんですよ。

 

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を育てるのに必要です。
オリゴ糖が含まれる食品はゴボウ、バナナ、玉ねぎ、はちみつなど。

 

そこで今夜の私が作ったものは、根菜と厚揚げの和風キッシュと肉じゃがです。
厚揚げは揚げてあるので豆腐よりは少しカロリーが高めですが、食べごたえがあって美味しい。
原料は豆腐なので栄養は満点。
厚揚げを茹でたゴボウ、ニンジン、玉ねぎを器に入れて、卵を味噌とマヨネーズを混ぜたソースをかけてトースターでチンして出来上がり。
肉じゃがは肉少なめでしらたきたっぷり。

 

 

食後に物足りなかったきなこヨーグルト。
私のきなこヨーグルトはヨーグルトに対してきなこの量がかなり多めです。
ヨーグルトにの水分がきなこに奪われてペーストみたいになるくらい。
きなこ好きにはたまらなく美味しんです。
砂糖を入れなくてもきなこの甘味で十分おいしい。

 

化粧品も大事ですが、からだは食べるもので作られます。
食欲がコントロールできないときって誰にでもあります。
暴飲暴食してしまったら、できるだけ腸内環境をよくする食品を追加で食べましょう。
食べ方次第で魅力的なごはんになりますよ!