善玉菌を増やすために

腸内環境をよくするためには善玉菌を取り入れることです。

 

 

お腹の調子がいいと腸内に老廃物をため込むこともありません。

 

 

いらないものを体内に溜めとくことは体に負担。

 

 

ため込んでる意識がなくても吹き出物とか、肌荒れとかよくない結果になって表面化してきます。

 

 

だから善玉菌が住みやすい体内環境を作るように意識して生活することが大切。

 

 

 

 

 

菌というと=ばい菌、みたいなイメージがありますが、菌にはいい菌も悪い菌もあります。

 

 

そして菌はお腹の中にだけいる菌だけじゃありません。

 

 

 

 

 

よく聞く菌のひとつにアクネ菌があります。

 

 

アクネ菌はニキビの菌として有名です。

 

 

アクネ菌は肌に常駐する菌です。

 

 

いっつもいる菌なんだけど、皮脂の分泌が過剰になったり肌の状態が悪くなるとニキビを作ってしまうこともあるんです。

 

 

皮脂を栄養にして脂肪酸を作って炎症を起こしちゃうんです。

 

 

黄色ブドウ球菌もひとも肌に住んでいます。

 

 

肌がアルカリ性に傾くと増殖して肌がブツブツになる原因になります。

 

 

表皮ブドウ球菌は反対に肌がいい状態のときに活躍します。

 

 

表皮ブドウ球菌は弱酸性に脂肪酸を作って、それが皮脂と混ざることによって皮脂膜を作ります。

 

 

天然の皮脂膜で保護された肌はうるうるに水分が保たれ、きれいな状態です。

 

 

 

 

 

お口の中にももちろん菌がいます。

 

 

いちばん有名な菌はミュータンス菌。

 

 

いわゆる虫歯菌です。

 

 

それから口臭のもとになるジンジバリス菌。

 

 

反対に歯を強く丈夫にしてくれる乳酸菌をサポートするエンテロコッカス菌という菌もあります。

 

胃や腸にいるのはビフィズス菌、大腸菌、ウェルシュ菌など。
ビフィズス菌は言わずとしれた善玉菌です。
お腹の調子を整え、ヨーグルトや乳製品の発酵食品に含まれます。
乳酸菌はビフィズス菌だけでなく、ラクトバシラス菌という菌もあります。
お腹の調子が悪いときはウェルシュ菌の活躍によるものだったりします。
大腸菌は、腸と名が入るものの腸にいるとは限りません。

 

腸の中の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが健康への第一歩です。
腸がきれいだと肌の調子も自然とよくなります。
腸の善玉菌を増やすためには、ズバリ食べて出すこと!
まず食べるべきものは・・・
根菜類、海藻類、豆類、芋類、ヨーグルト、味噌、納豆。
控えたほうがいい物は・・・
肉類、油っぽいもの、過剰な飲酒、喫煙など。
睡眠不足や運動不足、ストレスも悪玉菌を増やす原因になります。
ガスが溜まりやすくおならが臭い、口臭がする、肩こりや頭痛も悪玉菌が増殖しているサインかもしれません。
肌がくすむ、吹き出物が多いのも腸内環境悪化のサインかも。
悪玉菌が悪者で善玉菌が正義の味方、なワケではありません。
菌はただそこにいて、生存、生活しているだけ。
私たちが善玉菌が好きなんだから善玉菌を呼び寄せるようにど努力をするべきなんです。
善玉菌を増やすべき食べ物を食べ、運動をし、よく眠り、お酒を控え、楽しく過ごすことが大切。
また洗顔も大事です。
必要な皮脂まで落としてしまうほど洗いすぎないように洗顔し、保湿。

皮脂の量をベストに保ちましょう。
さぁ、味噌や根菜使ったメニューを考えて、顔を洗いましょう!