美容の味方 旬の枝豆

食欲の秋です。

 

 

旬の美味しい食べ物がいっぱい出てきましたね。

 

 

食欲増進で体重が・・・と気にならないことはないですが、「美味しい美味しい」と言ってからだに取り入れたものはきっといいからだを作ると私は信じています。

 

 

だから無理に我慢して美味しいものを食べ逃すよりも、美味しいものは美味しいうちに目いっぱい楽しみましょう♪

 

 

 

 

 

秋の美味しいものの中に枝豆があります。

 

 

秋だけにしか食べれないわけではないですけど、やっぱり旬の今がいちばん美味しいです。

 

 

主人の実家で枝豆を作っているので今年もいただきました。

 

 

むらさき頭巾という品種の枝豆です。

 

 

薄皮が薄紫色をしているのでこの名前がついたみたいです。

 

 

京野菜のブランド品種として少々お高めの値段です。

 

 

うちは毎年タダでいただいちゃいますけど。

 

 

 

 

枝豆はいろんな料理にも使えますけど、まずは塩ゆで!

 

 

塩を入れたお湯で蒸し茹でにします。

 

 

少な目のお湯で蒸すように茹でたほうがお湯も少なくて済むし、美味しく茹であがります。

 

 

茹であがった枝豆にさらに塩を振っていただきます。

 

 

しょっぱいくらいの塩加減が美味しい〜!

 

 

うちも子もモリモリ食べます。

 

 

 

 

 

枝豆は豆だけに栄養価がとっても高いんですよ。

 

 

女性の味方、イソフラボン、それから若返りの効果が期待できるビタミンEがたっぷりです。

 

 

ビールのおつまみとしてよく登場しますが、栄養価的にもビールとの相性がいいんです。

 

 

枝豆には夏の疲れを取るビタミンC、βカロチンが含まれます。

 

 

食物繊維も豊富なのでおなかのお掃除にもなります。

 

 

血中のコレステロールも下がるし、中性脂肪を取り除くサポニンもあります。

 

 

カロリーは低いですし、ホントにイイおつまみ☆

 

 

そしてビールを飲むことで尿とともに排出されてしまうカリウムを枝豆は補ってくれます。

 

 

また枝豆に含まれるレシチンは肝臓への脂肪沈着を防いでくれます。

 

 

脂肪肝の予防にもなりますね!

 

 

ビールに限らず、お酒を飲むときに枝豆は最適な食べ物なんです。

 

 

 

 

 

枝豆はもともと大豆の未熟豆です。

 

 

大豆が美容にいいことはもう有名ですよね!

 

 

枝豆が美味しい今、イソフラボン、その他いろいろ栄養をたーっぷり摂りましょう!!